関西の議論“神の使い”奈良のシカ捕殺に賛否 神といえば真っ先に思い浮かぶのは誰

関西の議論“神の使い”「奈良のシカ」捕殺に賛否。わがまちの障害福祉計画。金原瑞人:。

神といえば真っ先に思い浮かぶのは誰?

奈良公園一帯で生息する人慣れしたシカと、公園から遠く離れた山間部で生まれ育った野生のシカは、その性格、行動範囲ともに違う。産業は観光がメインです。合併したことにより、夫婦岩をはじめ、すばらしい観光名所や魅力が加わりました。中心商店街の中にある「相談支援センター?ブレス」では、年間延べ7千件の相談?支援を行っていて、賑わいの一翼を担っています。どうもありがとうございました。1300年続いている伝統行事がちょうど合併後にあり、世代を超えて、地域を越えて、ひとつにまとまっていける舞台があったということでは、「お伊勢さん」に助けられました。

お忙しい中、貴重なお時間をいただき、日本の伝統を守る大切さを熱く語っていただきました。真相を知ったオイディプスの妻=母親は首をつって死ぬ。ずいぶん前に北海道に行ったとき、障がいのある人たちが施設に住まうのではなく、地域で部屋を借りて生活されている様子を見たときに、やはりこれからは街中で普通に暮らせるような環境づくりが必要であると痛感しました。今の時代は、行政が果たす役割は一部で、全体的には市民から作り上げる力が集まってこないと完結しないという状況になっています。 観光客が多く訪れる奈良公園奈良市の象徴として知られる「奈良のシカ」をめぐり、いま大きな論争が巻き起こっている。

そのことでしか地域課題が解決できないと考えます。空き店舗を利用し、デイサービスセンターを誘致するなどして、福祉の色合いを出してやってきました。このことにより、障がいのある人たちの状況をきっちりと把握することができ、ブレない形での福祉計画ができあがりました。平成17年11月に4市町村が合併して今年で丸4年になります。人によって必要なニーズは異なるので、一律ではない形でのサービス提供ができるのが理想ですね。藤木祥平 つぶらな瞳と人懐こいしぐさが愛らしい奈良公園の人気者。最初に出てきたのはもちろん岩で、それからポセイドン海の神、ハデス冥界の神、ヘラのちにゼウスの妻、デメテル、ヘスティアと続く。

顕在化しないように“そっと支える”というのが基本姿勢です。一方、ゼウスをクレタ島に運び、ガイアに育ててもらうことにする。変わらないことのすごさと継承することの大切さがあります。先日、全国の77の商店街が経済産業省から表彰を受けたのですが、その中のひとつに選ばれました。▼市長が市政で大切にされていること、市民に対して特に発信したいことはどのようなことでしょうか。▼その他にも市民の力を借りながら進めていらっしゃる事業はありますか。それを受け、今回、市営住宅を有効に使ってもらおうということでスタートしました。近くにある施設もバックアップしています。

行政の事情と住民のニーズのすり合わせ。▼市長が目指すまちづくりとはどのようなものでしょうか。障がい福祉施策においても、だれかに支えられているかもしれないが不自由はない、ということであってほしいと思っています。取材:2009年8月3日金原瑞人:。デルフォイ宮殿の神託によれば、?先王を殺した男がテバイにいて、疫病はその報い?とのこと。たぶん障がいのある方の支援にとどまらず、公役所の仕事はこの言葉に尽きるのではないかと思います。障がいのある児童に対して、夏休みの期間中、日中活動の場を提供するためにサマースクールを実施しています。

そして末っ子のゼウスが生まれたとき、大きな岩を産着で包んでクロノスに渡し、赤ん坊だといつわって飲みこませる。市民が不自由を感じることなく暮らせる、それを役所が前面に出ることはないけれども実現できている、そういう仕事ぶりが役所には求められていると思っています。 もはやお前たちは、この身にふりかかってきた数々の禍も、おれがみずから犯してきたもろもろの罪業も、見てくれるな! いまよりのち、お前たちは暗闇の中にあれ! 目にしてはならぬ人を見、知りたいとねがっていた人を見わけることのできなかったお前たちは、もう誰の姿も見てはならぬ!。みんなが支え合って生きていく、つながりを意識していけるような社会を作っていかなければいけないと思います。

ここ伊勢には、昔から自分たちが自立してなんとかしなければならないという市民性があります。▼今、お聞きした以外にも、地域に溶け込む、包み込むという点では、メインの商店街の中に相談支援センターがあり、福祉の商店街なるものがあるとお聞きしています。はい、それをウリにしています。 つまり、『神統記』では2度、息子が父親を打ち倒すエピソードが出てくるわけだ。少し下火になった時期もありましたが、最近また盛り返してきています。古来神の使い「神鹿しんろく」としてあがめられ、国の天然記念物にも指定されているが、手厚く保護されてきたがゆえに頭数が増加。

 テバイの王オイディプスは、疫病が流行っているという市民の訴えをきく。どこまでシカを守り、どうやってシカから人の生活を守るのか。そのつながりが障がいのある人たちの安心した暮らしの実現にこれからも大いにプラスに作用することを期待しています。現代社会は自分たちの都合で物差しをどんどん変えていきますが、変えないことで大切なものを見失わないようにしています。福祉系の大学の先生や学生さんの協力を得ることにより、細やかな調査を実施できたことの成果が大きかったと思います。水くみや火起しなどすべて昔と同じやり方です。現場の声を聞くからこそ、次へ進むことができると思っています。

和する?みんながひとつに力を合わせる、「市民力の結集」という表現をしていますが、絆とか支え合いの気持ちを市民みんなが持ち、地域のさまざまな課題を解決していくような時代がまさしく来ています。合併というのは厳しい要素もあり、なかなかひとつになれない部分もあります。ずいぶん昔、ベルマーク運動で「そっとバックアップ」というフレーズが使われていましたが、私の好きな言葉です。それでも、同じ「奈良のシカ」としてひとくくりに保護対象となっている。「奈良といえばシカ」。このため、春日大社境内や奈良公園一帯に生息する野生のシカは「神鹿」として信仰を集め、昭和32年には天然記念物に指定されるなど手厚く保護されてきた。

市民からの力について、市内の各地区を回り、地域のみなさんの声を聞かせていただくというねらいで、市長懇談会を開きました。関西の議論“神の使い”「奈良のシカ」捕殺に賛否。私は「和」という言葉を大切にしています。 ところで、「息子による父親殺し」といえば、真っ先に思い浮かぶのは、ギリシア悲劇で最もよく知られた作品、ソポクレスの『オイディプス王』だろう。 同市の春日大社には大社創建の伝説として、武甕槌命タケミカヅチノミコト本殿第一殿の祭神が白鹿に乗って鹿島神宮茨城県から奈良の御蓋山みかさやまに降り立ったという神話が伝わる。

妻レイアはクロノスの仕打ちに悲しみ、怒り、父ウラノスクロノスにペニスを切り取られたうらみがあると母ガイアに相談して、一計を案じる。では、それを踏まえ、今年3月に策定された「第2期障害福祉計画」について、特徴なども含めてお聞かせ願えますか。伊勢神宮では1500年前と同じ手法で毎日、朝と夕の2回、神様にお供えする食事を手間暇かけてつくっています。策定にあたっては利用者本位の視点にたって、これまでなかなか声を上げることのできなかった重い障がいのある人や家族など、声が届かなかった人たちに光をあてようということを最大限に意識して作業を行いました。

▼絆は福祉を推進していくうえでも大切な要素だと思われますが、障がいのある人が地域で暮らしていく、それを支えていくということについて、市長の基本的なお考えをお聞かせください。市民はだれでももともと市民意識をもっているので、それをうまく引き出す方法が大切だと思います。また、障害福祉計画の基本施策のひとつである「地域で生活するための基盤づくり」の一環として、市営住宅の空き部屋を利用したグループホームを地域の理解を得て、今年の4月からスタートしました。今回の対象は奈良公園のシカではないが、捕獲をめぐっては賛否の議論が噴出し、シカと人との共生を改めて考えさせられることとなった。

一昔前は修学旅行といえば伊勢?二見浦で、それで事業が成り立ってきたところがあります。短期間のうちに実施するのは本当に大変でしたが、現場に行き、直接の声を聞くとエネルギーをもらいますし、逆に市民のみなさんにこちらからもメッセージを届けることができます。聞き手:酒井京子大阪市職業リハビリテーションセンター▼伊勢といえば真っ先に思い浮かぶのがお伊勢さん伊勢神宮ですが、伊勢市の特色や魅力についてお聞かせください。日本はあちこちに神社がありますが、絆をつくる拠点のようなものとしてどこの地域でもずいぶん昔から生活の中に存在していたのですから、今言われているネットワークや絆というものを氏神さんのつながりをベースに作っていければうまくいく部分もあるのではないかと思います。

わがまちの障害福祉計画。利用児童1人につき、ボランティアさんが1人つきますので、学生をはじめ、企業を定年退職した人や福祉関係の仕事に従事している人などたくさんの方の協力を得て、レクリエーションやさまざまな催し物を楽しんでもらっています。支えていることが見えてはだめだと思います。それだからこそ和を大切にしていく姿勢が必要であり、その点、伊勢神宮というのは、市民の心のよりどころ、また、魂のよりどころとしているという意味で結集しやすい、大きな存在です。日本中、商店街が疲弊し、シャッター街になって、当市の商店街も同じ状況で苦しんでいました。

市東部の山間部では農作物を食い荒らす被害が深刻化し、奈良県が7月、ついに捕獲?処分に乗り出したのだ。そういう状況の中、突破口として「福祉の商店街」を目指そうということでユニバーサルデザインのまちづくり宣言をした商店街です。問題や情報が共有できないとそれへの対応策がなかなか取れないですから、その部分をまずきっちりと押さえて、お互いに分かり合うことが大切ですね。日本が見失ってきたものを取り戻そうという動きの中で、伊勢がまた見直され始めているのではないでしょうか。支えられている側が支えてもらっているということを意識しない形の支援の方法が必要なのではないでしょうか。

アンケート調査や障がい者団体へのヒアリング調査、パブリックコメントを実施し、障がいのある方の意見を十分に把握するようにしました。学生さんたちにとっても、現場を知ることにより大学で勉強していることとのつながりができ、プラスになったのではないかと思います。 だが、あまり知られていないのは、この天然記念物の指定範囲が「奈良市一円旧都祁つげ村と旧月ケ瀬村を除くに生息するニホンジカ」と極めて広範囲であることだ。オイディプスはその犯人をさがすうちに、自分こそがその人物であることを知らされる。誰もがそうイメージするほどシンボリックな存在であるが、歴史をひもとけば、起源は奈良時代にさかのぼる。

手間暇かかりますが、やらないといけないことです。やがてたくましく育ったゼウスは父クロノスを打ち倒し、自分の兄姉たちを吐き出させる。24の小さな地区に分かれていますが、その中で子育て、高齢者福祉、障がい者福祉、教育、環境整備など、地域の課題を考えていきましょうというのが基本スタンスです。伊勢神宮という特別な存在があるからこそ、自治組織のようなものが市民サイドで作られていて、公だけに依存しないという文化があり、市民活動も盛んです。伊勢を語るにあたっては、お伊勢さんに始まり、お伊勢さんに終わると思えるほど、市民の暮らしの中に大きな力が息づいていて、そこにはカタカナの理屈を超えた日本の伝統があり、その力に守られながら、お伊勢さんの絆による市民生活があることが分かりました。

伊勢は自然との関わりを大事にしながら、日本人が忘れてはならないものをきっちりと継承している街です。それどころか、先王は自分の父親であることも判明する。知らなかったとはいえ、父親を殺し、母親と結婚して子どもまでつくっていたのだ。▼“そっと支える”という姿勢は機微にふれる良いコンセプトですね。地域社会の中に生活の場をつくっていくということは大切なことだと考えます。そしてそれを見たオイディプスは自らの目をえぐる。 前回、ヘシオドスの『神統記』のなかから、クロノス夜が父親ウラノス天を倒すエピソードを紹介したのだが、じつはこのクロノスがまた、生まれてくる子どもを片っ端から食ってしまう……といっても、ギリシア神話の神様は死なないから、子どもも腹の中で生きている。

なぜクロノスがそんなことをするかというと、?やがて、息子によって、打ち倒される?という予言をきいたからだ。行政だけがそれに向けて力を発揮するのではなく、市民のみなさんも地域づくりに向けて、一緒にやってほしいということを訴えています。もちろんこれは、行政の力だけでできることではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です