マスターさんのお写真について3/27追記 この写真のロゴってマスターさんの写真なんですか わかるかたお願いします

マスターさんのお写真について3/27追記。マスターさんとは。香川編集長。

この写真のロゴってマスターさんの写真なんですか わかるかたお願いします!!

韓国でも撮影は禁止です。 レクサスLFAはトヨタにとって「式年遷宮」だと思います。目次1 韓国の国民的チェーン店って知ってる?2 スクールフードって??3 気になるメニューは?4 EXOのバラエティーに出た!!5 いかがでしたか? 韓国の国民的チェーン店って知ってる? http://weheartit目次1 韓国人の綺麗の秘密はダイエットを サポートしてくれるサプリにあった?2 HMBって?3 アイドルのスタイルの良さの秘密?4 身体の中から綺麗に? 韓国人の綺麗の秘密はダイエットを サポートしてくれるサプリにあったみなさん こんにちはmeehnimです? http://www.instagram.com みなさん 韓国の男性ユーチューバーの ?ウォンディンさんを 知っていますか?? 今回は ウォンディンさんに韓国のマスター文化は独特なのよ。

最初は、ブレーキを目いっぱい踏む訓練や、ひたすら同じコーナーを曲がる訓練、 時には横転したクルマから逃げ出す訓練など、ひたすら基礎訓練の日々が続いたという。確かに、マスターさんの中には真剣に写真をやってらしてその撮影対象の一つにアイドルがいるだけというスタンスの方も以前はいらっしゃいましたCNで知っている初期のマスターさんの一人はその後、ほんまもんのプロの写真家さんになってお仕事するようになったりねもちろん、お仕事し始めてマスター業は廃業です。ただ稀に、ツイートも禁止しているマスターさんもいらっしゃいますので、気をつけることが大切です?自分が保存した時にはすでに、『フィルターかけられてた』『クレジットなかった』『加工されてた』ということが、あるかもしれません。

芸能人でなくても、本人に無断で写真をインターネット上に掲載とか普通はNGでしょ?というネットルール的暗黙の了解がこの世界では無力芸能人であれば、契約上ネットに写真を掲載可能かどうか決められている可能性があるけれども、そこの部分も全く関係ないよ状態ま、韓国の事務所は見て見ぬふり、もしくは宣伝になるので容認スタイル公式が出処であるものではないという事実は、絶対に肝に銘じておかないといけないしこれ、ここですよ!!トラブルの元にいつもなるのは!皆さん~~ここテストに出ますよ古っマスターさんの行為どうのうを言うつもりはないですがマスターさんの写真をあまりにも崇拝しすぎてしまって彼女たちも普通に、私達と同じ立場のペンにすぎないということを写真集の販売とかグッズの販売とか日本のライブ会場の外で屋台で売ってるみなさ~~~ん、忘れてませんか??韓国のマスターさんの日本代行をしてるアカウントよく見かけますがマスターさん本人ではないので、本当にそのアカウントがなこともあります最初は仲良くやってるのに、途中で意見が食い違ってレストするときも涙ほんと、トラブルが多いです。

石浦宏明との、インタビューでも、そんな話に至っている。 いやそんなことすら考えることができないくらいに成瀬さんの存在は私の人生の一部を占めていたと言えます。 矢吹から始まる現地でのインタビューで香川編集長は そのことを深く理解していくことになった。 その時はメカニックとして参加していた。 そんな石浦に、編集長はニュルの道はどんな道なのかを先ずはじめに聞いていた。その友人はマスターさんのお写真を加工して #EXOで妄想 などのタグ活動をしていました。 成瀬さんとの語らい。写真撮影を許可?されたイベントは大丈夫ですがそれ以外のイベントでの撮影は、マスターも、普通のファンと同じなので禁止です!時には、退場させられたりカメラを壊されたりデータを消されたりすることも…許可?されたイベントの綺麗な写真はありがたいし、嬉しいですよね?ここで気になるのが、『どれがマスターさんの写真?』ですよね!普通のファンは撮っちゃいけない写真のほとんどが、マスターさんの写真だ、ということ!マスターさんの画像には必ず、クレジットというものが付いています?これは、マスターさんが、自分で撮った写真につける、サインのようなものです。

「最近、日本のファンのマナーが悪いよね。 編集長のインタビューには、穏やかな表情で答えている。」と仲良くさせていただいている韓国人の方に言われました。その気持ちで私たちの為に写真を撮ってきてくださっています。私がこのツイートを読んだ時とても悔しくなりました。 前編で名前の出たチーフメカニックの関谷や平田も普段は同じくテストドライバーである。はい。 そして編集長には、もうひとつここで“引っかかったこと”があった。 平田は、こう言っていた。 日本のトップカテゴリーレースを走るドライバーであり、 2017年には日本最速のレースであるスーパーフォーミュラでチャンピオンを獲った選手である。

矢吹や平田は、この頃から成瀬と共に車両評価をしていたメンバーであった。 ただ、それは単に“とんでもなく危ない道”という意味ではなかった。なのに、私たち日本のファンはマスターさんの気持ちを踏みにじるように二次加工やロゴの切り取りを繰り返しています。 そういう姿を見ながら、みんなも育ってきた。そしたら、絶対にた~くさんの写真がアップされているのに気が付くんです。サイトにはちゃんと書いてありますよね?なのにTwitterで拾ったからそんなことは知らないって言い分は通じないんです。わたしは現在ソンジョンの情報や画像をupするアカウントの活動しています。

?クレジットを切り取ることも、?フィルターをかけることも?背景透過して使うことなどなど…自分で手を加えることが禁止なんですマスターさんの画像を、アイコンやヘッダーにすることは禁止です?背景透過して、他の画像と一緒にしてても、ダメなんです?ライブ中の写真とか、ほんっっっとにカッコよくて、アイコンにしたい気持ちも分かりますが、ルールは守るためのものなので、みんなで守りましょう!?ほとんどのマスターさんの場合、ツイートは許可してくれています。ではどんな問題が発生するのか。香川編集長がドイツ、ニュルブルクリンクのレースを取材してきました。マスターさんとは。

成瀬さんの思いを、成瀬さんがつけてくれた道筋を、 残された私たちが、しっかりと引き継ぎ、確かなものにしていきます。 「他のチームだったら結果を優先して、これぐらいで出しちゃおうって言うのがあるかもしれないですけど、 TOYOTA GAZOO Racingは少しでも問題点があったら完璧に直すまでコースに出さないんですよ。モリゾウこと豊田章男とマスタードライバーの故?成瀬弘を中心に2007年発足したのが「GAZOO Racing」である。 翌朝、その1台を準備してくれていた。 「レースとなると短時間で結果を出さなきゃいけない。「運転のことも分からない人に、クルマのことをああだこうだと言われたくない」「月に一度でもいい、もしその気があるなら、俺が運転を教えるよ」 この言葉から始まった訓練の話を豊田本人から聞いたことがある。

レース?しかもニュルで? 成瀬さんの真意を、心の底から理解できたのは、 2007年にアルテッツァで初挑戦し、完走を果たした後でした。 豊田章男と成瀬弘については2人の関係が記された本も出版されている。ピットでレースの現場を体感し、いよいよチーム関係者へのインタビュー取材が始まる。 それが、6月24日の早朝、あまりに突然の訃報に接し、私は言葉を失いました。日本のファンってマナーがいいよねと他の国のファンやアーティスト本人達に言ってもらえるようにお互いに気をつけていきませんか?追記わたしが再掲載を決意したのは情報垢として活動している友人の一言でした。

」 「この人達の顔を見てたら、なんとなくそれが分かる気がする…。 2010年に新婚旅行で24時間レースを見に行き、 そこで「ここで乗りたいです!」とGAZOO Racingに申し出て、翌年から本当に乗ることになったらしい。 最初に成瀬さんに出会ったのは、私がアメリカ滞在中に、アリゾナのテストコースで 社内の上級運転資格を取得して、日本に帰ってきた時でした。 世界一過酷なサーキットと言われるニュルで、ライバル達と一緒になって24時間走るということは、 テストコースを3年間走り込むことよりもはるかに多くの課題を私たちに突きつけてきました。 どんな道でもドライバーが気持ちよく走れるクルマをつくらないといけない。

皆さん、冷静に考えてください。韓国のマスター文化は独特なのよ。それでも、写真を撮ってきてくださるのはどうしてか分かりますか?会場に行けない他のファンの為です。例え自分が加工していなくても使ってしまったら同じです?今回は!マスターさんと、マスターさんの画像のルールについて、説明しました!自分はいいかな…って気持ちをなくすことが、みんなが気持ちよく応援できるための、第一歩になると思います?ルールは守って、今日も推しの画像、収集いきましょう?『youtubeを見るの、ちょっと待った!』実は、話題の韓国JKのダンス?メイク方法動画は全てアプリにまとまっていた!ハロートークって知ってる?100%使いこなす方法!!マニマニキュレーター2人が詳しく教えます?manimani公式LINEでは今までの厳選された人気記事はもちろん超話題の韓国情報をお届けしているよ?韓国情報をいち早くキャッチしたい人はラインのお友達になってね?記事のURLとタイトルをコピーhttps://manimani-korea.net/idol_master/makinaよろしくお願いします。

マスターさんのお写真について3/27追記。 成瀬さんと私の関係は、単なる上司?部下といった間柄ではなく、 ときには親父と息子、ときには師匠と弟子、ときには幼いころからの親友、 そしてそのどれもが、お互い大好きなクルマを介しての付き合いでした。 取材に帯同したトヨタイムズ編集部員が、少しでも多くの方に伝えたいと同行記として記事にまとめました。 矢吹はテストドライバーとして、市販のGRスープラの味付けも担当している。「そんなこと言われても……きりがないじゃん」とても驚きました。マスターさんはお写真を一般公開していない方がほとんどです。 私にとって、成瀬さんとの関係は「かけがえのない宝物」として、 この先もずっと続くものと思っておりました。

韓国人だけがマスターやってると思ってる方も多く見えますけど実は、中国人、日本人のマスターも多数いらっしゃいますハングルで書いてあるし、韓国在住なのでわかりにくいですがアイドルは、自分を推してるマスターを認知してるのは確かです売れ始め当初は、マスター付けば嬉しいもんですからしっかりと目線合わせてくれる写真もた~くさんアップされますところが、沢山マスターができたり結構売れちゃったりしたりマスターの行動がちょっと行きすぎだったりすると途端にアイドル達はマスターを避け始めるようになりますマスターだからって、アイドルと近いと思ったらそれは違うのわかりますよね?マスターさん達のなかにはとってもお金持ちの方々もいらっしゃるようで何故か同じ飛行機に乗って海外へ行かれるんですが空港で歩きながらの動画を撮ってる姿は正直…これ、撮られてる方はストレスじゃね?って思うときが結構な割合であります。

その際に主に話題になったのがマスターさんのお写真のことでした。 「成瀬と出会ったからこそ、今この場にいることが出来ていて…。 『豊田章男が愛したテストドライバー』 稲泉連著小学館刊行 そこには豊田が運転訓練をはじめるきっかけとなった成瀬からの言葉が書いてあった。 矢吹も平田もインタビューを受ける時、かなり緊張していた。 どうぞ安らかにお眠りください。 「これからの世代にクルマの楽しさを伝えたい」という情熱は、 私の行動の、私の言動の、これから変わらぬ糧となっています。もし、友達で二次加工をしている方がいたらこのことを教えてあげてください。

そのマスターさんはすでにTwitterアカウントを削除されています。もちろん日本のファンだけではありません。無期限のお休みに入った????さんのことではありません。私も単なるクルマ好きではなく、 「クルマを正しく評価できる人間になりたい」と思い、 成瀬さんのチームに交じってトレーニングをはじめました。 いくつかの話を聞いて、ピットの中で編集長は話していた。ただ、規制が緩いだけなんです。二次加工やロゴの切り取りをしているのは若い日本のファンがほとんどです。 また、クルマや道から伝わってくる声を的確に感じ取れるよう体の中にあるセンサーを常に研ぎ澄ましている。

「限界の中で安全とは何かを掴むのがニュルブルクリンクだということ?」 石浦は、普段走るプロのチームとの比較でTOYOTA GAZOO Racingのことを説明してくれた。そのためには「味のあるクルマ、クルマの味づくり」が大切だということ。 最初に登場するのは矢吹久、トヨタ自動車のテストドライバーだ。 ニュルの道の意味を聞き、編集長は、気になっていた「安全?安心」のことを切り出した。最近は日本と同様に規制が厳しくなっています。それだけは常に思ってやっています。もちろん、今でも写真に物凄い気合を持って挑んでいるマスターさんいらっしゃると思います。ドイツの桜と日本の桜が一本ずつだ。

1回目はまた会場に入れてもらえますが、2回目は即刻退場です。その話の時、編集長は関谷に対し成瀬の名前を出した。」編集長は矢吹へのインタビューの最後にひとつのお願いをしていた。 それを人に伝えるための言葉に翻訳して周囲のエンジニア達と共有したり、 時には自身の手で直したりもする。 CMの限られた秒数には収まらなかった取材結果を約10分の映像にまとめましたが、 その映像だけでも伝えきれていないことが沢山あります。」 この答えに編集長は大きく「なるほど…」とうなずいていた。そこでもまた昨日見たレースの意味についての話が出た。もっといいクルマをつくります。

成瀬さんの「いいクルマづくりに終わりはない」という言葉。」と成瀬の人材育成の様子を語った。 自然と言葉が溢れてくる感じだった。 「結果を出すって言うのは、順位とかじゃなくて、どれだけ人を育てられたかというのが一番だと思うんですよ。安全とか、Fun to Drive のFunの部分とか。 おのずと表情もやわらかくなり、成瀬との思い出や、成瀬が大切にしていた想いなどを話してくれた。マスターさん関連は。今日はですね。マスターさんのお写真のことだけではなく、コンサートでのマナーや出待ちをしないなど他にも私たちが気を付けなければいけないマナーがたくさんあります。 今回の取材記映像の後半にも「成瀬弘」なるせ ひろむという名前が出てくる。

え?この人の写真すご~~い!てなもんで、絶対フォローするじゃないですかそうすると、ありとあらゆる現場からの生の映像がマスターを介してみる事ができるのでありがたさからスタートして、そのうちに彼女たちの写真の方が、公式の写真より美しいとか思えるようになるんですよね…。韓国語を理解できないゆえの無知から来る行動なんだとは思います。マスターさんの存在自体は、まあ、文化なので置いといてその周りに付随している出来事が、ちょ~~っと気を付けないといけないよと前々からいろいろ見てて思うので、今日はそれを書こうとしてます。「マスターさんはいつフォローすればいいか?」というテーマでお話し、マスターさんについて軽く触れました今回はより詳しくマスターさんについて徹底解剖していきたいと思います初耳の方も多いと思いますしかしK-POPを語る上でマスターさんの存在を知っておかないわけにはいきませんまずは、マスターさんを知らない方向けにについてこれから説明していきたいと思いますマスターさんとは私設ファンサイトペンカフェの設立者の方のことですまた、それぞれのマスターさんが各々でスローガンを作ってイベントで配布したり、私たちが普段ツイッターで見かけるきれいな写真は、このマスターさんたちが撮影したものですマスターさんはこのきれいな写真をツイッターやファンサイトにupしてくれますこのように、マスターさんは撮った写真をツイッターやサイトにupすることを事務所から許可されていますメンバーたちはマスターさんの顔を覚えているので自分から手を振るなどアピールをしたりしますツイッターなどでupされる写真には必ず写真の中にロゴが書いてあります以前ブログでも書いたように、その写真を保存するのは全く問題ないですが2次加工?ロゴの切り取り?グッズ作りは禁止されています写真を切り取って加工したりツイッターのプロフィールやヘッダーの画像にするなど…この点をもう一度確認して心に留めておいて下さいこれを知らずにアイコンやヘッダーの画像に使用してしまったり、ばれないだろと思ってロゴを切り取って加工画像を作ったりグッズを作ったりしてもわかる人にはわかりますマスターさん自身も日本のペンの人たちは勝手に画像を加工したりして使っているから気を付けてくださいというようなことを声明したりしていますそういう人にはガチ勢な人は寄ってきませんし友達になれるチャンスを逃してしまいますあのガチ勢な人と繋がって仲良くなりたいなと思ってもなれることはありませんたったのこれだけであなたが思い描く理想のオタク生活を実現できなくなってしまいますのでくれぐれも気を付けて下さい禁止されてることはやめましょうマスターさんについての説明は以上ですこれでマスターさんについて十分把握できたと思いますこれであなたもヲタクレベルがワンランクupしました笑K-POPを語る上でマスターさんの存在はかかせませんからねマスターさんのアカウントをフォローするメリットについてお話していきたいと思いますマスターさんのアカウントをフォローすることであなたの元に入ってくる情報量は30倍変わりますメンバーの新しい写真をほぼ毎日大量に手に入れることができるようになりますその写真はすべて高画質です雑誌や広告に載ったメンバーの写真を欠かさずupしてくれますYouTubeにupされた様々な動画をツイートしてくれますマスターさんが撮影した動画も見ることができるようになりますメンバーはマスターさんのことを知っているので、他では見れないようなメンバーの素顔をその動画で見ることができますマスターさんが作ったグッズや写真集などを購入することができるようになりますペンカフェにメンバーが投稿したものをツイッターに載せてくれますカムバックの情報をすぐに教えてくれます挙げ出したらキリがありませんこれを読んでわかるようにマスターさんをフォローしない理由がありませんよね?私も昔はマスターさんのことなどは知らず、もちろんツイッターでフォローもしていませんでしたしかしある時、きれいな写真をたくさんupしているアカウントに出会いフォローをしてみてからは自分の元に入ってくる写真や情報量が格段に変わっていることに気づき、本当に驚きましたその時の気持ちはマスターさんまじヤバい…神だ…こんな感じです笑これだけ強調したんですから絶対にフォローしてくださいね!しかし、あくまでフォローするのはフォロワーが増えてからですフォローとフォロワーの差が縮まってからがいいでしょう極論を言うとフォロワーの数がフォローの数を上回ってからがいいです相手はフォローがフォロワーよりも異常に多い人に不信感を抱くからですあなたはフォローがフォロワーよりも異常に多い人からいきなりフォローされた経験はありませんか?って思いませんでしたか?あなたがその人と同じようにフォローが異常に多くなってしまったら終わりですですからマスターさんをフォローするのはフォローとフォロワーの差が縮まってからかフォロワーの数のほうが多くなってからにしましょうフォロワーを増やす方法はまた後ほどお話しするのでお待ちくださいね「マスターさんとは何か?」「マスターさんをフォローするメリットは何なのか?」について詳しくお話ししましたマスターさんについて知らなかった方は収穫が多かったと思います次回はマスターさんのアカウントをツイッターで見つける方法についてお話ししますコメントなど気軽に残していって下さい!^^!それでは今日はこのへんで最後まで読んでいただきありがとうございましたオタク友達の作り方について早く知りたい方はこちらのブログを読んでください!「たったの1週間で仲がいいオタク友達を5人作るツイッターテンプレ集!」ケーポペンに知っててほしいマスターさんの画像について。

ホームページは会員全員に公開していたデータをLv.10以上の会員限定の公開にして残すそうです。 だから、彼らは、何度も同じ走りを再現できるような運転技能を持っている。ファンとアーティストは鏡です。 成瀬さんの、クルマに乗っている時の顔、後輩を教えている時の顔、監督の時の顔、 いちばん輝いているのは、やはり「クルマに乗っている時の顔」だということを。「レースに出てもレースはするな」。 そこには2本の桜の木が植えられている。このままルールが守られることがなければフォローしてくださっている方には申し訳ないのですがアカウントを閉鎖することも考えています。

「“人をつくる”っていうことは、人をつくったらそこで終わりじゃなくて… “人をつくるという行為を伝承する人をつくる”ってことだと思う。」 「最終的にいいクルマをつくるのは人なんで…」関谷とのインタビューでは、前編で紹介した「初めてピット作業をする若手への声掛け」の話が出た。石浦は、矢吹と違ってプロのレースドライバーである。 1967年、トヨタは2000GTなど多くのスポーツモデルを送り出しましたが、 その時の若手メカニックの一人が成瀬さんでした。私がその友人にこのことを伝えた際、私にとってはとても衝撃的なことを言われました。 200キロを超えた走りでニュルの道を体験した後、編集長は改めて矢吹と話をした。

長くなると思いますが、大切な話なので最後まで読んでいただけたら嬉しいです。思い起こせば、20数年前、成瀬さんから誘われて、運転訓練を始めた時の相棒が80スープラでした。 直してみたら、思ったとおりの味が出せているかどうか、またクルマを走らせて確かめる…、 そんな作業を繰り返してクルマをつくっていくのがテストドライバーの仕事であるという。少しでも素敵なソンジョンを知って欲しい。 矢吹は、GAZOO Racingが初めてニュル24時間レースに挑戦した2007年から プロジェクトに参画している。 2019年、TOYOTA GAZOO Racingは、GRスープラでの24時間レース参戦も計画しているが、 矢吹は、そのドライバーの一人にもなっている。

編集長に「なぜトヨタはレースに出るのか?」といった質問をされた時は、 ひと言ひと言、言葉を選ぶように話していた。 ただただ呆然とするしかなく、同時にやり場のない、深い悲しみに包まれました。なのに、ルールを守らない方のせいで大好きな写真が見れなくなるんです。私たちのマナーが良くなれば、アーティストの評価だって上がります。実際にこのツイートに反応した他のマスターさん達のほとんどが共感のリプライを送っていました。 車両開発の際、テストドライバーは、そのクルマを運転し、ハンドルを握る手、 ペダルを踏む足、シートに座るお尻など、あらゆる感覚を通じてクルマや道からの声を聞く。

伊勢神宮は、20年に一度、お社を引越しすることで技術や技能の伝承を行っています。 カメラが回っていない時に、そんな裏話をしてくれた。メンバーのいろんな表情を少しでも多く知って欲しい。そして、いつまでも私たちを天国から見守っていてください。 インタビュー映像には表れていないが、彼らの話を聞くと、そんな人達だと感じた。ケーポペンに知っててほしいマスターさんの画像について。 だから、どこにもお願いせずに、トヨタの社員だけでGAZOO Racingを立ち上げ、 成瀬さんの力を借りて、ひとつずつ、手づくりで準備していきました。成瀬もまたトヨタ自動車のテストドライバーの一人であり、 そのトップとされるマスターテストドライバーと呼ばれた人であった。

皆さんご存知かと思いますけど。一般公開をされていらっしゃらない大きな理由は二次加工をする方やロゴを切り取る方が多いからです。 豊田が運転訓練を積み重ね数年経った2007年に、 成瀬と豊田そして仲間の評価ドライバー達が始めたのが ニュル24時間耐久レースへの挑戦だったということである。成瀬さんは、その役目を果たされたと思う。マスターさんについてKPOPわたしが見たのはtwiceですで、マスターさんとは何ですか?twitterでよく見かけるのですがマスターさんとは何だろうと思いまして、、、そして、聞きたいこととは外れるのですが、TWICEにはアンチタグをよく見かけますがアンチタグはTWICEに限らず他のアイドルグループにも存在するのでしょうか?見ていてとても気分が悪く、アンチタグを使用して批判しているのは日本人ばかりで恥ずかしく思いました。

あんにょん!?です?私は、ARMYでグクペンやってる訳なんですが…#manigirl の中にも、ケーポップファン、たくさんいらっしゃると思います?そこで今回は、必ず#manigirlに知っておいてほしい、空港での写真、よく見かけますよね?私服だし、ノーメイクやノーセットのことも多いから、空港写真があがると毎回興奮します?ライブ中の画像も、みなさんもよく見かけますよね??その他にも、ペンサや出勤の様子などを撮ってアップしているのがマスターです!ですが!マスターも事務所に許可を取っているわけではありません?つまり、あまりにも行動が酷かったりすると警告を受ける場合があります。

その時の成瀬さんの衝撃的な言葉はいまでも耳に残っています。ちゃにも最初はビックリしました。マスターさんとは。なんでも自分でやってみないと気が済まない。前編では、編集長が、初めてニュルブルクリンクへ行き、レースを目の当たりにするところを伝えました。」と言い、 チーム監督の金森は「職人気質のオヤジという感じでしたね。ちょっと老婆心なお話を。 でも私は知っています。 また、その名前は、2019年1月14日にトヨタイムズに掲載されたモリゾウのつぶやき#6「ニュルとスープラとモリゾウ」にも出てきた名前である。 その後も、矢吹は、ずっとチームに加わっており、2017年にはドライバーも務めた。

韓国では、「マスター」とよく呼ばれている方々がおりまして推しの写真や、動画を様々な現場で撮影してファンにとっては神様のような方々なんですね。マスターさんが残した最後のツイートはこんなものでした。 熱いトークをする傍らで、来場されたファンやお子さんたちには、気さくに話しかけたり、 写真やサインにも「僕なんかでいいの?」と言いながら、笑顔で応えていました。 後編では、編集長がチーム関係者へのインタビューを通じて 「なぜ今トヨタはレースに出る必要があるのか?」に迫っていくところを伝えます。 関谷も、成瀬から色々なことを教わっていたという。 その環境下で人間は精神面も含め、色々なモノが鍛えられる。

そして、目指す乗り味と現状の違いを見つけ出し、 どこにどんな手当てを施したら目指す味に近づくのかを想像する。 成瀬さんの最後のLFA評価を後日、伺いました。 この話にも編集長は「なるほど…」とうなずいていた。 成瀬さんが私たちに教えたかったことはレースの順位や戦い方ではありませんでした。 「クルマにとって厳しい道」であり「いいクルマをつくる上で欠かせない道」という意味で “とんでもない”という表現を石浦は使っていた。 なぜレースなのに「安心?安全」なのか?編集長は、このことに引っかかりを感じていた。 「成瀬さんが命懸けでやられてきたことは、確実に受け継がれていますよ」帰り道、香川編集長から「道楽」という言葉は一度も聞かなかった。

「このコースは、とんでもないところなんですよ!」 「乗り上げて走ったり、ジャンプしたり、とんでもなくクルマに負荷がかかる」 「そこで走ると、国内では全然見えなかった問題点がバンバン出てくる」 日本のトップドライバーからもニュルを表すひと言目は「とんでもないところ」であった。 「極限状況…、それでなければ、出てこないことがある。大事なことは言葉やデータでクルマ作りを議論するのではなく、実際にモノを置いて、手で触れ、目で議論すること」と語っているが、そのステージとして選ばれたのが、世界最高峰の草レースと呼ばれる「ニュルブルクリンク24時間レース」への挑戦だった。

決して、速く走れるということだけが技能ではなく、 どんなスピードであっても、同じ走りを再現できるかということが大切なのである。長い間やってきた甲斐があったなぁ」 「これまでやってきたことをクルマは絶対に裏切らないぞ」 決してクルマに合格点を出さない成瀬さんが、満面の笑みで、最後に合格点をくれたのでしょうか? 成瀬さんからお褒めの言葉をいただいたことは開発チームにとって最高の勲章でした。 挨拶もそこそこに、さっそく編集長は助手席に乗り込み…と映像上は見えているが、 編集長は、しっかり挨拶をし、クルマを準備してくれたことへのお礼を丁寧に伝えていた。

そして、デザインを舐めまわすように見たり、運転席に座ってみたり、 ひと通りスープラをチェックしていた。 それから40年、成瀬さんは「棟梁」となって、若いメンバーに一所懸命、 技術と技能の伝承を現地現物で行ってくれました。 編集長の頭には「レースは勝つためにやるもの」「勝つためには速く走る」そして 「速く走るためには多少のリスクは冒す」というレースへの固定概念のようなものがあった。 「ここのコースは世界の道をほとんど網羅しているようなコースになってます」 「ここでニュルで安心して、安全に走れれば、もうほとんどの道は走れると思います」 この答えをきっかけに編集長は「ニュルという道」について、もっと知りたいと思うようになる。

矢吹へのインタビューで編集長は、いきなりストレートな質問をした。」 最後にこう語ったのは平田であった。 その桜の木の下で、香川編集長は、成瀬にこう伝えたと言った。 トヨタの社内全体の人材育成が遅れてきたと反省する中、成瀬さんは、先頭に立って、全身全霊をこめて、 後輩の育成に努めてこられました。 映像で、次に出てくるのは、「鬼の形相」「仁王」と前編で称した平田チーフメカニックだ。成瀬さんから言われた言葉です。香川編集長。」 「その見つけたものは、なんにでも活かせるんだよ、多分。 少し話しは逸れるが、彼は、新婚旅行がニュルだったらしい。 しかし、成瀬のことを聞いた時だけは、全く違っていた。

私たちは、その課題を何とか乗り越えようと、いつも全員で必死に取り組みました。 成瀬さんとの走り。 平成22年6月30日 トヨタ自動車 取締役社長 そして、成瀬さんのチームの“いち”テストドライバー 豊田 章男。その根底はモータースポーツを通じて人とクルマを鍛え、もっといいクルマ作りに繋げること、つまりモータースポーツの“原点”そのものである。 成瀬が言っていた「技術を伝承し、人材を育成する場としてレースは最高の舞台」という言葉に繋がる話だった。一部、業者に頼んでいるマスターさまもいらっしゃいますが、ほとんどのマスターさまは自分で会場に行って写真を撮ってきてくださっています。

最初の方にも言いましたが、知らなかったでは済まされないところまで来ています。 ニュルのプロジェクトには2011年から参画しており、ここの道の経験も深い。その話を聞いて私が思ったことを書きたいと思います。帰国して、それを探した。私は小さいペンカフェのマスターさんでしたが、このマスターさんの撮るお写真が本当に大好きでした。 こうして成瀬を語るチームの人達の表情を見た時、 この活動の中で成瀬が生き続けていることを強く感じたのだ。 クルマ文化をつくっていくこと。 それなのに矢吹から返ってきたのは「安心して安全に走れれば」という言葉。 その後、自身の“つぶやき”でも書かれているように、 成瀬や他の先輩テストドライバーの後ろを追走する訓練をはじめたと言っていた。

」 帰国の途につく時、編集長は、成瀬の事故があった場所を訪れた。サイトの登録が出来ない方の為に少しでもたくさんのソンジョンを見て欲しい。追記3/27とあるソンジョンのマスターさんが今日、マスター活動をお辞めになられました。 「厳しいけど、温かい」「怒ると怖いけど、優しさを忘れない」。大変なご苦労をしたうえでの貴重な映像、画像を私達は見せていただいてるんですが…彼女たち、まったくもって変わり身が早いというか…レストした→他のグループのマスターしてるってのも結構聞きますので、も、どうとらえたらいいのかわからないですよね…もちろん、ずっと一人のアーティストを追ってらっしゃる方も沢山おみえですとにかく、個人的にひっそりと写真や動画を堪能させていただくぶんには特にトラブルもないので、いいとは思いますが…この3つを肝に銘じておかないと…絶対にトラブルに巻き込まれる事になりますのでご注意ください。

危険を犯してまであなた達に見て欲しいその心でソンジョンを撮っていたのになんで心のない人達に荒らされないといけないの?ルールを守ることが出来ないあなた達のために私がソンジョンを届ける理由は何?荒らす=お写真を加工することこれを読んでどう思われますか?他のマスターさんも中々口には出しませんが日々思っていることだと思います。 こうした「人材育成」をキーワードにした話は、今回の取材で、ほとんどの人から出ていたものだった。 成瀬さん、長い間、本当にありがとうございました。」 矢吹が語ったのは、レースという場だからこその人の成長についてだった。

写真を見てても、生半可な機材では撮れないと思われる超高画質、超ナイスな写真も沢山あるからです。編集長も、全ての取材を終えたインタビューでこう語っていた。 成瀬は、2010年、ニュル近郊での事故で亡くなっている。 矢吹は、今回のレースではドライバーでなくプロジェクトのベテランメンバーとして チームのサポート役にまわっていた。」 平田のこの言葉は、普段、市販車を開発している人がレースをやっているからこそ出てくる言葉だと思える。こうした先輩から後輩への声掛けを、関谷自身も若い時に先輩から受けていたと話す。 そして、矢吹の横に乗せてもらいコースに出発していった。

矢吹たちは、今回のようなレース参戦の時以外にも、ニュルブルクリンクに来て、 開発車両のテストをしたり、自身の運転技能向上のためのトレーニングをしていると言っていた。どうしても読み返したくなった文章があった。そんな中でも、マスターさんはステキな写真を撮ってきてくださっています。 テストドライバーとは「磨き続けた運転技能でクルマと会話が出来る人」。この一心でゆっくりとですが高画質画像のupやYouTubeの紹介などをしています。少しでも空気を味わって欲しい。 「今まで乗っていたLFAで、いちばんいいバランスだ」 「求めていたのはこれだ!という感じ。 クルマが良くなったかどうか、直す前と同じ運転をしないと、その違いは判断できない。

トヨタでもできるじゃないか!」 「これならどこの道でも、どんなクルマにも勝てる。韓国の地下鉄の駅に行くと、必ずと言っていい程こういうアイドルのお誕生日おめでとう記念広告に遭遇します。 モリゾウこと豊田章男の言葉からも分かるように、成瀬弘は、 豊田がドライバーになるきっかけを与えた人であり、運転を教えた先生でもあった。 「技術を伝承し、人材を育成する場としてレースは最高の舞台」 成瀬が当時語っていたこの言葉が、そのまま語り継がれ、 10数年経ったニュルブルクリンクの現場でも、体現され続けていた。某グループのコンサートでは、1回見つかると会場から退場させられチケットに印をつけられます。

成瀬は「技術を伝承し、人材を育成する場としてレースは最高の舞台。映像の中で矢吹の肩書きは “テストドライバー”と紹介されているが これはトヨタ自動車での普段の仕事を指している。ですが、サイトに書いてある以上私たちが守らなければいけないルールです。 しかし、編集長がメンバーにインタビューをしているのを側で見ていて、 成瀬は、このプロジェクトの中で生き続けていると感じた。 私の技量が向上してきた2003年、 成瀬さんは「クルマをもっと知りたいなら、ニュルブルクリンク24時間レースに参戦してみないか?」と 誘ってくれました。 成瀬さんは「クルマは道がつくる」ということも教えてくれました。

普段、カメラを向けられることはないので、当たり前である。うわっ何これ?めっちゃいい写真じゃんかっ!会社が出してるんか?いえ違います。 そのために日頃から運転訓練を重ねているという。 「危険を伴うこのレースにトヨタが参戦する理由はなんですか?」 矢吹はこう答えた。 そして、それを実現するための人材育成をしっかりやるということでした。 ヤマハさんのテストコースでは、スープラで、数えきれないぐらい走りました。長くなりましたが、最後まで読んでくださりありがとうございました。ただ単に知らない方も多いんだとは思いますが、「知らなかった」の一言では済まされないことだと私は思います。

「安心安全なクルマじゃないと、ドライバーがレースに集中できない」 「ドライバーのストレスだとか精神的な苦痛だとかいうのが増えるので…、 それはやっぱりお客様も一緒だと思うんです。なんでルールを守っている私が素敵な写真を見る機会を奪われないといけないんですか?1人でも多くの方がこのことを知ってくださり、マナーがよくなることを祈っています。思い起こせば、成瀬さんと親しくお付き合いさせていただいたのはこの10年余りでしたが、 私にとっては20年、30年より深い濃密な年月でした。 「僕も、ちょっとニュルの道を体験してみたいんですけど…」 矢吹は「クルマを準備するので明日ぜひ乗ってほしい」と快諾した。

ちゃんとマスターさんのサイトに行けば二次加工が禁止であると記載があります。 矢吹は「成瀬さんは、もっといいクルマをつくるためのすごい熱意がありましたね。コンサートやイベントの時、ステキな写真を撮ってくださるペンカフェのマスターさんたち。マスターさんとは。 どんな顔をして乗っていたかは、ぜひ映像を見ていただきたいが、 コースの狭さや、曲がった後の道が見えないコーナー、 高低差の激しさなど、編集長の表情と声から伝わってくる。そうゆう時は、使用を控えるようにしましょう。 「あなたみたいな立場の人が、運転の基本もわかってないのに、 ちょっとクルマに乗っただけで、ああだこうだと言われるのは迷惑だ!」 「私ら、テストドライバーはいいクルマをつくるために命がけでテストしてるんだ! そのことだけは、理解しておいてほしい」 それからでした。

ニュルが「クルマを鍛える、ヒトを育てる」のにうってつけの場所だということを 世界中の自動車関係者から「ニュル?マイスター」と呼ばれる成瀬さんは分かっていたのです。スクショがないので和訳のみです。英文字の場合もあれば、マークのようなものまで、形は様々です!この画像では、左上にハングルで文字が書かれてますね!この画像では、真ん中一番下に、数字のマークが書かれてますね!こんな感じで、数式や文字の場合が多いです!このクレジットが付いてる写真は、確実にマスターさんの写真なんです!ためしに、フォルダにある空港写真やライブ中の写真をよく見てみてください?クレジットが必ずどこかについてますよ?マスターさんの画像は、2次加工禁止です。

何故か知っていますか?以前はほとんどのマスターさんが公開されていらっしゃいました。YouTubeから動画を持ってくる場合はなるべくcr出典を書くようにするなど私たちが守らなければいけないことはたくさんあると思います。 そんな成瀬さんの人柄は、東京オートサロンなどでのイベントでも垣間見ました。 編集長は再確認するかのように 「レースのこの場での結果に重きを置いている訳じゃない?」と聞くと 矢吹は迷いなく「そうじゃないです」と即答していた。初めてニュルを走った時、前を走る成瀬さんのクルマのテールランプとバックミラーばかり見ながら、必死の思いでピットにたどり着いたこと、本当に怖かったことを、今でもはっきりと覚えています。

自分のやるべきことは、成瀬に教えていただいたことを少しでも多くの人に、 自分が代わりとなって伝承していかないといけない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です